ロゴ  
 
HOME採用情報お問い合わせ
  お知らせ 個人のお客さま 法人のお客さま 組合概要 関連リンク  
HOME > お知らせ
         
 
    当組合のキャッシュカード・ローンカードをご利用のお客様へ
いつも当組合をご利用いただきありがとう御座います。
最近、偽造・盗難カードにより預金等が不正に引き出される被害が増えています。被害を未然に防ぐため、カードや暗証番号の管理には十分ご注意ください。偽造カードを用いて預金が不正に引き出された被害の6割弱のケースで類推されやすい暗証番号を使用していたという調査結果もあります。

カードをご利用のお客様で類推されやすい暗証番号を使用されているお客様は、すみやかに暗証番号を変更してください。

[類推されやすい暗証番号]
例)生年月日、自宅の電話番号・地番、勤務先の電話番号・地番、自動車のナンバー、連続番号、
  同一数字4桁等

◆暗証番号の変更手続き
本支店の窓口にご相談ください。
またはATMで簡単にカードの暗証番号の変更手続きができますのでご利用ください。

◆偽造・盗難カードによる被害に遭わないための注意点
・第三者に暗証番号を知らせたり、キャッシュカードを渡したりしないでください。
・当組合の職員や警察官等がキャッシュコーナーや電話等で暗証番号を聞くことはありません。
 不審な場合は、お取引店へご照会ください。
・暗証番号をキャッシュカードに記載しないでください。
 また、容易に認知できるような形で暗証番号を記載したメモ及び暗証番号を類推される書類等を、
 カードと一緒に携行・保管しないでください。
・暗証番号をロッカー、貴重品ボックス等の金融機関の取引以外で使用しないでください。
・カードを自動車内等の他人の目につきやすい場所に放置しないでください。
・カードも通帳や印鑑と同様に、大切なものですので、厳重な管理をおねがいします。
 また、長時間お手元からお離しにならないようにしてください。
・ATMをご利用の際は、のぞき見されないようにしてください。
・ATMのご利用明細書をむやみに捨てないでください。
・通帳の記帳をできるだけ頻繁に行い、不審な取引の有無をご確認ください。
・他の金融機関のカードで偽造・盗難の被害に遭われた際には、当組合のカードについても被害の
 有無をご確認ください。
 なお、当組合のカードについても被害がない場合でも暗証番号を変更することをお勧めします。

◆カード紛失・盗難時・振り込め詐欺等の緊急連絡先
万一、暗証番号を他人に知られたり、カードの盗難・紛失・振り込め詐欺等があった場合には、直ちに 七島信用組合本支店又は、信組ATMセンターまでご連絡ください。
ご連絡があり次第、そのカードが使用できないよう手続をいたします。
尚、カードの盗難・偽造・振り込め詐欺等被害に遭われた際には、最寄の警察にもお届けください。

[ご連絡先]
・平日 8:45〜17:00
 本部(総合企画部)  04992‐2‐1661
 本店         04992‐2‐0777
 波浮港出張所     04992‐4‐0666
 新島支店       04992‐5‐0661
 神津島支店      04992‐8‐0111
 三宅島支店      04994‐2‐0081
 八丈島支店      04996‐2‐1201
 小笠原支店      04998‐2‐7410
 東京支店       03‐6436‐2761
・土日祝日/平日0:00〜8:45、17:00〜24:00
 信組ATMセンター  047-498-0151

▲ページTOPへ
    ATM1日当りの払戻し及び振込み限度額引下げのお知らせ
当組合ではキャッシュカードの盗難・偽造等による被害を防止するため、平成18年2月13日(月)より、当組合のキャッシュカード(ローンカードを含む)の自動機(ATM・CD)の1日当りの引落し限度額及び振込み限度額を50万円に引き下げさせていただきますので、なにとぞご理解賜りますよう、宜しくお願いいたします。
なお、口座ごとに払戻し(振込)の限度は50万円を超ても、それ以下でも設定が可能となりますので、ご希望のお客様は窓口にお申出ください
※50万円を超える限度額を設定されても、ご利用の金融機関でご利用限度額が設定されている場合は、その金融機関設定の限度額内となります。
また、ATM等の利用できる店舗をカードの発行店舗や当組合だけに制限することもできますので、ご希望のお客様は窓口へお申出ください。

被害を最小限に止めるためのお願い
1.偽造カードによる被害防止のため限度額は必要最小の額に設定するようお願いいたします。
2.50万円を超える限度額を設定するお客様は、極力ご利用店舗をカード発行店舗または当組合だけに
  限定するようお願いいたします。
3.被害防止のためにカードの保管・管理には十分ご注意ください。
  また、定期的に通帳の記帳を行い不審な取引がないかの確認をお願いいたします。
4.残高の多いお客様は被害防止のためカードを発行しない別口座に分けて管理するよう
  お願いいたします。
▲ページTOPへ
    カード取引規定
しんくみキャッシュカード取引規定はこちらをご覧ください。
  > しんくみキャッシュカード取引規定(平成18年2月16日改定)

デビットカード取引規定はこちらをご覧ください。
  > デビットカード取引規定(平成12年3月6日改定)
▲ページTOPへ
    偽造・盗難キャッシュカード等の被害に係る補償について
七島信用組合は、個人のお客様のキャッシュカード等の偽造および盗難による被害への補償を実施します。
詳しくは、下記、しんくみキャッシュカード取引規定の10.(偽造カード等による払戻し等)と11.(盗難カードによる払戻し等)をご覧下さい。

  > しんくみキャッシュカード取引規定(平成18年2月16日改定)
▲ページTOPへ
    「盗難通帳」の不正利用による、被害に係る補償について
盗難された通帳等による払戻しの被害に遭われた場合、被害保証を実施します。
下記の普通預金規定(個人用)の9.(盗難通帳による払戻し等)をご覧下さい
ただし、お客様の「過失」となりうる場合は、補償額の全部、または一部減額となりうる場合があります。
お客さまにおける重大な過失、または過失となりうる場合の具体的事例は、下記、普通預金規定(個人用)の【重大な過失または過失となりうる場合】をご覧下さい。

「普通預金規定(個人用)」(平成25年6月10日改定)
▲ページTOPへ
    「振り込め詐欺救済法」について
「振り込め詐欺救済法」(正式名「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害分配金の支払等に関する法律」)が平成20年6月21日に施行されました。

※この法律は、「振り込め詐欺等に使用された口座」に振り込まれて、引き出されずに残っている資金が
 1,000円以上ある場合、被害に遭われた方々からの申請を受けて、被害状況等を金融機関で認定させて
 いただいたうえ、被害額に応じ、按分して返還する手続等を定めた法律です。
※被害の返還の申請窓口は、振込先の金融機関となります。
※振り込め詐欺被害に遭われたお心当たりのある方は、当組合窓口にてご相談ください。
※返還の対象となる預金口座は、下記の預金保険機構のホームページで順次公告されますので、お心当た
 りの方は、ご確認ください。

預金保険機構ホームページ(http://furikomesagi.dic.go.jp/)

ご不明な点は、各取引店、又は、本部(総合企画部)までご照会願います。
七島信用組合 総合企画部 TEL:04992-2-1661
▲ページTOPへ
 
 
 
インターネットバンキング
ビジネスインターネットバンキング
 
店舗のご案内
ATMのご案内
 
地域への取り組み
ディスクロージャー